トラベラーズノートの汚れ落としに、M.モゥブレィ「ステインクレンジングウォーター」を使ってみた。ただしキャメルは注意が必要!

ステインクレンジングウォーター レビュー

これまでトラベラーズノートのお手入れには、ラナパーやミンクオイルなどを使ってきました。しかし、汚れを落とすクリーナー系のメンテナンスはやったことがなかったんです。そこでM.モゥブレィの「ステインクレンジングウォーター」を買って試してみることに。

目次

M.モゥブレィ「ステインクレンジングウォーター」

ステインクレンジングウォーター レビュー
7年使ったトラベラーズノート

今回、汚れを落とすのは7年使ったパスポートサイズのトラベラーズノート(ブラウン)です。上の写真はクリーナーを使う前に撮りました。茶色というより黒ずんだ部分がありますが、それが汚れなのかどうかも分かりません(笑)

このクリーナーの説明文を読むと「汚れや、油、ワックス、汗(塩分)などを除去する」と書かれていました。これまで塗ったミンクオイルやクリーム、そして手の脂なども除去して、さらに汗などの塩分もキレイにしてくれるそうです。これは期待大。

ステインクレンジングウォーター レビュー

ステインクレンジングウォーターを布につけ、トラベラーズノートを軽く拭いていきます。柔らかい布で擦ると下に敷いた紙が少し茶色になってきました。

ステインクレンジングウォーター 色落ち

ステインクレンジングウォーターを使うことで、表面の色が落ちているのが分かります。このあと全体的に拭いて、大体乾いたのが次の画像です。

ステインクレンジングウォーター レビュー

黒ずんだ部分は残っていますが、全体的に汚れが落ちていい感じに仕上がったと思います。ただし、これは長年使ったブラウンのトラベラーズノートでの結果であって、数ヶ月前から使っているキャメルのトラベラーズノートだと色合いの変化が激しくて使う人を選ぶ感じでした。

左の画像が使い始めたばかりのキャメルで、右の画像がステインクレンジングウォーターを使った後の画像です。キャメルのトラベラーズノートは、クリーナーを塗ると汚れは落ちますが染み込みが激しく色が濃くなってしまいます。

しかも、塗り込むときにムラがあると濃さが変わるので、均一になるように何度か塗ったらキャメルというよりブラウンみたいな色味に変わってしまいました。

ですから、キャメルらしさを残すならブラッシングだけのお手入れがいいのかも。ラナパーだけを塗った時より濃くなったので、ステインクレンジングウォーターを使う方は注意してくださいね。それじゃ!また!

ステインクレンジングウォーター レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえたら嬉しいです
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる