キャメルのトラベラーズノートをサドルソープで洗ってみました。

トラベラーズノート 洗う

3ヶ月半ほど使ったキャメルのトラベラーズノート(パスポートサイズ)ですが、さまざまなクリームを試したことでキャメルというよりブラウンみたいな濃い色に変わってしまいました。

トラベラーズノート キャメル クリーム
3ヶ月半使ったトラベラーズノート

この雰囲気も好きでしたが、もう一度キャメルらしい色に戻したくなりました。そこで今回はM.MOWBRAY(M.モゥブレィ)というメーカーから発売されている「サドルソープ」を使って、トラベラーズノートを洗ってみました。

キャメルのトラベラーズノートを洗うやり方については、CLUB TNさんの「トラベラーズノートの洗浄実験(最終編)」という記事が参考になりました。この記事を読んでなかったら洗う勇気なかったです(笑)

まずは、キャメルのトラベラーズノートが元々どんな色だったのか確認してみましょう。次の写真は3月に撮影したものです。

キャメル トラベラーズノート
同じトラベラーズノートとは思えない(笑)

同じトラベラーズノートとは思えない色です。これくらいの色味に戻すのが今回の目標になります。では、実際にトラベラーズノートを洗ったやり方を写真付きで説明していきます。

目次

【レビュー】トラベラーズノートをサドルソープで洗うやり方

トラベラーズノート サドルソープ

今回、トラベラーズノートの洗浄に使ったのは革靴丸洗い用石鹸の「サドルソープ」と、100円ショップのダイソーで買ってきた「スニーカー用ブラシ」、あとは家にあった古いスポンジです。

まずはトラベラーズノート全体を水で湿らせます。もし、クリームやワックスなどを塗っている場合は、事前にステインリムーバーを使って油分などを除去してください。(自分はそのまま洗いましたが、説明書にはそう書いてありました)

トラベラーズノート 洗う

水の中にドボンと入れて、少しだけブラシでこすりました。次にサドルソープを付けます。スポンジでサドルソープを拭い取って少しあわ立ててからトラベラーズノートに付けます。

トラベラーズノート キャメル 色を戻す

次にブラシで円を描くようにクリーニングしていきます。

トラベラーズノート 洗う

サドルソープの色が黄色っぽいので、泡も黄色くなりましたが、これはトラベラーズノート表面のクリームや色が落ちたのも混ざっていると思います。通常であれば、このまま泡を拭き取って完成ですが、今回は汚れやクリームをしっかり落としたかったので、ぬるま湯に3時間ほどつけ置きしました。

ぬるま湯につけ置きすると、サドルソープの成分や脂分や塩分などが出て、黄色っぽい水になりました。トラベラーズノートのカバーですが、水に入った状態だとブラウンっぽく見えます。それでは取り出してタオルで水分を拭き取ってみましょう。

トラベラーズノート 洗った結果

少しだけ色が薄くなった気もしますが、あまり分かりませんね。ここから室内で一晩乾かしたのが次の写真です。

トラベラーズノート キャメル 洗う

写真だと少し黒ずんだように見える部分もありますが、実際はほぼムラもなくキャメルっぽい色味に戻りました!正直、ここまで変わると思ってなかったので驚きですが、これは大成功でしょう!

しかし、少しだけ気になる部分もありました。

スタバコラボトラベラーズノート ロゴ

表面にあるスタバのロゴが少し薄くなってしまいました。ブラシで擦ったのでそれが原因でしょうね。また、本体に付いているゴムなどを外さず、ぬるま湯に浸け、そのまま乾かしたので、ゴムで中心部分が引っ張られて少し縮んでしまいました。

次回トラベラーズノートを洗うことがあれば、ゴムやスズのパーツは外してから洗うことにします。

トラベラーズノート 洗濯 結果

手に入れた当初とは、少し違った色味ですが、キャメルらしさは戻ってきました。しかし、ぬるま湯につけ置きしたことでサドルソープの保革成分が流れ落ちて少し乾燥してる気もするので、もしかしたら何かクリームを塗るかも。でも、塗ったら塗ったで色味が濃くなるので悩むところです。

サドルソープ:使用前(上)、使用後(下)

キャメルのトラベラーズノートは、クリームを塗ると色が濃くなってしまいますが、どうしても気になる場合は「サドルソープ」で洗えば、ある程度までは色味を戻すことができそうです。とりあえず、今回の結果には大満足でした!それじゃ!また!

トラベラーズノート 洗う

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえたら嬉しいです
目次